藤右ェ門wedding:わたしの内にある温かくて円いもの

こんにちは。藤右ェ門ウェディングプランナー 安藤です。

日に日に暖かくなりいよいよ春らしくなってきました。
近所の梅の花がきれいに咲いています。花が咲いているのを見ると顔がほころびますね!

先日当店でブライダルを挙げてくださったA様がお顔を見せてくださいました。
残念ながら私は出ていてお会い出来なかったのですが、嬉しかった!さらにとてもハッピーな報告もあり・・・❤とてもとても嬉しかったです。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

 

…A様には温かい思い出と・・・私たちが至らなかった苦い思い出があります。
A様との出会いは2020年のクリスマスディナーでした。入籍祝いの食事を、とご来店頂いたクリスマス。なのに大事な大事なメッセージプレートを忘れてしまった…!本当に申し訳なくて誠心誠意謝ったけれど……もう来てくれないだろうと思いました。

年が明けて数か月経った頃A様から1本の電話が来ました。「藤右ェ門さんで披露宴を検討したい」と…。
驚きました!私たち。新婦Mさんは「起こってしまったことより、申し訳ないと一生懸命してくださったことのほうが嬉しい記憶として残っています」と仰ってくださった。
“人を許せる”とても器の大きな方なのだと思います。私より年下なのに、すごくしっかり者で、肝がすわっているというか(いい意味です☺)…だからかな、ちょっとワイルドな新郎さんとの絶妙なバランスに納得がいくんです。

結婚式・披露宴もそうでした。コロナの影響で、最初に思い描いていた構成とは違ってしまったけれど、おふたりが考えるのはゲストのことばかり。おばあちゃん子だった新婦さん、「おばあちゃんと」「おばあちゃんに」と何度言っていたか。ウェディングケーキもゲストにデコレーションしてもらって、バイトも“サンクスバイト”。男性ゲストはお酒が好きな方が多いため、さり気なく気を使う新郎さん。(シャイな方なので気遣いを隠そうとするんですよね。)笑ったり涙したり、とても温かい披露宴でしたね。

ぜひお子さんを連れて遊びに来てほしいです。お子さんの成長とご家族の幸せを、遠くからですが見守っています。ここは思い出がいっぱい詰まった場所。いつでも来てください。

 

こうして思い起こしながら書いていると、私の内にある温かくて円いかたちをしたものが、ほんわりほんわりと大きくなっていきます。これは私の宝物です。藤右ェ門にまた来たくなるような接客をしていかなきゃ!と思います。

藤右ェ門ウェディングプランナー 安藤

‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥

藤右ェ門では、ブライダルをお考えのお二人に是非お食事に来て頂きたいと思っております。
まずは気軽にデートでお越しくださいませ!
HPの下見プランもございますのでぜひお申し込みください。

下見プラン申し込みフォーム - 株式会社アガーノ<藤右ェ門、丁字屋、蔵日和> (touemon.com)

藤右ェ門weddingインスタはこちら♪

2022藤右ェ門・丁字屋おせち

おせち専用サイト